SSブログ

意地でも温泉の一景 [日常一景]

勤労感謝の日からの3連休、体力的に非常に充実した日が続きました。

23日は朝から冷たい雨・・・こんな日は晴耕雨読に走りがちですが、明日にも雪になりそうなこの時期、寒い気温が身体を重くしようという悪略に打ち勝ちつつ、午前中からタイヤ交換。それも2台。
そして午後は、時折雨が降る中を押して庭木の雪囲い作業。・・・これは単独でやるのは初めての試み。

24日は寒い曇り空・・・雨が降らないので、屋根に登ってえんじゅの木の剪定作業。・・・これが高所作業でなかなか緊張感あり。足の変なところが緊張し、思ったよりも疲れます。・・・落とした枝を分解し、活用できるように切りそろえます。・・・その作業が一段落したところで草バスケに巻き込まれ・・・(ハアハア)・・・屋根の下に取り付けたバスケットリングに向けてシュート!・・・ディフェンス!・・・が、子どもたちは遠慮なく雨樋にボールを直撃させるので、雨樋はどんどんとずれはじめました。・・・そこで再び屋根に登って、今度は雨樋の修理。
その後も外れそうになった玄関の電燈を修理したかと思ったら・・・その伝統の電球が切れて交換・・・と、暗くなるまで働き通しでした。

そして25日。午前中は先週撮りダメした動画を編集して静かに暮らしていました。・・・しかし、青空が気になり、午後は山へ茅刈りへ。・・・もちろん、茅葺き屋根に使うためです。
連日の酷使のせいか2時間の作業で体力を使い果たしてヘロヘロに。

ここで時間は4時30分。夕食まで2時間。・・・意を決し、温泉に入りに向かいました。

ずぅ~っと入りたかった蔵王の湯。意地でも行きたい!と、無理したけど、かなり気持ちいい!!・・・3日間酷使した体にじわ~っとしみます。
DSC00851 (640x480).jpg
月を見ながらの露天風呂と白濁の硫黄泉。
DSC00850 (640x480).jpg
・・・最深部で静かな「源七の湯」・・・3連休のピークと呼んでも差し支えないような至福の時間を450円で味わいました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます