SSブログ

高新山のその先へ [里山トレイルの一景]

先週の高新山登山でその先が見たくなって、朝の9時30分から再び白禿山へ
・・・一週間経って、登山道の雪は少なくなっていて、いったん履いたスノーシューを早々に脱いで落ち葉の出た道を長靴で登る
白禿山の山頂はこのとおり
DSC01862 (640x480).jpg

高新山もザレ場が顔を出し、ザレ→サル→庚申→高新となったのではないかという推測が確信に変わる
DSC01864 (640x480).jpg

しかし、立春を過ぎて日差しは春のものに変わっていて、上山市街の遠望は素晴らしい
DSC01865 (640x141).jpg

高新山からその先へ
ここでようやくスノーシューを履き直す

国有林なので森林管理署の方のものと思われる足跡をたどり、孫市山?、山神を過ぎ、途中のピークはトラバースするような道を進むと、だんだんと倒木や藪で歩きにくくなる
八幡堂川へ降りる分岐をさらに進むと、人の足跡はなくなり、そこは鳥獣の世界
DSC01875 (640x480).jpg
・・・大小のノウサギ、タヌキや鳥類など、さまざま・・・鳥獣保護区なので鳥獣相は豊か・・・でも、イノシシのような足跡はどこにもみられず、ここにはまだ来ていない様子

角度のある斜面で藪にスノーシューをひっかけながら相当難儀して次のピークへ・・・にしても、この辺の山は名前のわからない山が多い

さらにその先のピーク、地形図で358mとだけ書いてあるところへ・・・名前のないわりに頂上は少し開けていて、鷹取山がその先に見える
DSC01880 (640x480).jpg

・・・そこは昔、弓矢の尾羽をとるために鷹をとったところだろう・・・里地に近いので、オオタカあたりがいたのだろう・・・その名のとおり急斜面の山肌を双眼鏡で眺めてみても、鷹のような鳥獣は見つけられない

鷹取山を攻めたい気もするが、ここでお茶を飲んで11時30分
このように雪が少ないと、歩きにくく、余計な体力を消耗するので、ここで引き返すことに

帰りは藪越えながら、下りなので一気に下り始める・・・と、なんか風景が違う・・・自分の足跡にもなかなか交わらない
・・・迷ったか?・・・地形図を確かめると、少々南側に降りすぎていて、そのまま行けば八幡堂川の最上流部に出るのだろう・・・そこを下れば元来た麓の道に出るのはわかっているが、沢を下るのは危険と判断し、東へトラバースして戻ることに
・・・藪と倒木と少ない雪で歩きにくく、相当に体力を消耗・・・こうやって遭難するのか、と里山で学習

疲れでバテバテになりながらも自分の足跡にたどり着く

帰りは途中の分岐から八幡堂川へ降りる・・・つづら折りの急斜面・・・だんだんと雪が少なくなって、途中でスノーシューを脱いで降りる・・・百枚田にたどり着き、12時30分

・・・これでバテているようじゃ、到底登山なんかできないですね・・・里山といえども雪山をなめてはいけませんね。

高新山冬山登山の一景 [里山トレイルの一景]

秋葉山の山麓を抜け、白禿山登山道入り口へ。
ここからは、誰もまだ足を踏み入れていない冬山。

入り口から突然に傾斜がきつくなる。そして、熊笹がスノーシューにまとわりついて歩きにくい。

つづら折りの道を上りきると、そこは白禿山の山頂。以前はその名のとおり樹木がなく、落雷で折れた木が残るような場所だったが、現在はアカマツなどの樹木が生い茂り、けして眺望はよくない。
2016-01-31 15.35.24 (2) (640x361).jpg

ここを左に折れ、痩せ尾根が続く道へ。
2016-01-31 15.38.52 (640x361).jpg

ピークを一つ越え、再び下りの尾根道に出ると、そこに目指す高新山が姿を現す。
ここは森林限界なのか、急に樹木が少なくなり、見通しが開ける。
2016-01-31 15.43.25 (640x361).jpg

早速アタックを開始。
滑落しないように慎重にクランポンを雪にかませながら急登を試みる。

何度か滑り落ちそうになりながら、何とか足場の良い場所にたどり着き、後ろを振り返ると上山市街の絶景が。
2016-01-31 15.47.41 (640x361).jpg

アタック開始から10分弱。ようやく山頂を制覇。そこには小さな祠があった。
2016-01-31 15.48.41 (640x361).jpg

・・・ちなみに最初の白禿山の標高は304m、最終目的地の高新山は358m。”こうしんやま”=”庚申山”なので、庚申信仰の山なのかもしれません。庚申信仰とは、ワンダーフォーゲル2月号によると、干支の庚申の日に酒盛りをしながら徹夜すると長生きできるという言い伝えだそうです。・・・なんかラマダンのようですが、私の身近には庚申の日とは無関係にそのような行を行っている聖人も少なくないように思います。・・・

今年は雪が少なく登りにくかったけど、所要時間は1時間くらい。適度なスノーシュー散歩でした。今度はその先の里山トレイルを目指したくなりました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます